私が初めてキャッシングに手を付けのは、20代前半でした。きっかけは、当時働いていた職場が低収入で、お金に余裕が欲しかったからです。

プロミスの無人ATMに行き、証明書等を提出して、融資可能の審査がおりました。初めのうちはカードだけ作り、すぐには使ってなかったのですが、友人との交際費など、お給料日前で厳しい時に使うようになってしまいました。

スライド返済方式で、毎月返済はしていたのですが、やはりどんどんと借りる金額も大きくなり、頻度も増えていってしまいました。

気づいた時にはあっという間に50万を超えた借入額になってしまっていました。借りているという感覚が薄れ、あたかも自分の銀行の預金からおろしている感覚でした。

今思えば、少ないながらも毎月収入があることに安心してしまっていて、負債を抱えているという自覚がほとんどなかったように思えます。限度額が100万だったのですが、さらに気づいた時には80万を超えていました。

この額になったのは初めて借りてから、1~2年の間だったと思います。そして、法律で年収の3分の1までしか借りれないという事になり、低収入で既に80万を借りていた私は、新規の借り入れが出来なくなりました。

借り入れが出来なくなったことに焦りを感じ、返済をどうにかしようではなく、他に借入出来る会社を探してしまっていました。法律が変わったので、他のところでも案の定借り入れは出来ませんでした。

借り入れが出来なかったことによって、焦りもまだありましたが、色々と考えた事によって、返済していこうとまともな考えにやっと戻りました。

今思えば、法律は厳しくなったとはいえ、簡単に借り入れができてしまう事に、CMではないですがしっかりとした計画性をもって返済する。

というところまで考えてから借り入れをしないと、後々痛い目を見ると痛感しました。