当時私が付き合っていた彼は、配送の仕事をしていた関係もあり、車の運転が大好きでした。

車好きが高じて、国産車では飽き足らず、乗るならば外車と決めていたのです。そこで彼が目を付けたのが中古のベンツでした。

彼が目をつけたベンツは60万円だったのですが、それを工面して欲しいと言われたのです。私はOLをしていましたが母子家庭で家に生活費を入れていたので、余裕はありませんでした。

しかし彼が「お前を乗せてやれるから」とほだされ、借入れをすることにしたのです。彼はアルバイトでしたので、正社員であった私がアコムに借入れを申し込みました。

幸い無事審査を通過してすぐに60万円借入れをすることができたのです。彼は喜んでベンツに乗り、私も乗せて貰って当然と思っていました。借入れはボーナスも含めて3ヶ月で返済することができました。

しかし1年も経つと彼に「お前を家まで送り迎えすることが疲れた」と言うようになりました。そして私はとうとうお金を彼に貸しっぱなしで別れてしまったのです。

当時はバブル全盛期で、私も一生懸命働いていたのですぐに返済ができたのですが、今ではとても無理でしょう。

消費者金融というのは本当にあっという間に大金を貸してくれる素晴らしい会社だと思いました。