私は以前、パチンコなどのギャンブルにはまり、銀行のキャッシングを利用していました。一度、借りる癖がつくと、とことん借金が増えます。

あるとき、アコムの自動契約機の前で立ち止まり、つい契約をしてしまいました。

恥ずかしい話、会社の親睦会の幹事を任された時に、集めた会費を使い込んだがために消費者金融のお世話になったのです。

今になって思えば、専用の口座を作っておくなり、どこかにしまっておくなりして1年過ごせばよかったのですが、1500円の会費を10人から集めても月に1万5千円、「まあ忘年会までに帳尻が合えばいいか」と1年分合計17万円ですね。こんな簡単な計算もできずにお金を借りて帳尻を合わせることになってしまいました。

職場への連絡なしに、年収を知らせて所定の申込書を記入すると借りることができました。月々の返済は、利息分だけであれば少額で済むので、あまり負担がなく借りていました。

素直に17万円借りて地道に返済だけをしていればまだ救われたのですが、もともとこんな調子で何も考えずに目の前にお金があれば適当に使ってしまう生活を続けていると、あっという間に限度額いっぱいまで借りてしまうことになるのですが、返済と借り入れを繰り返していると30万、40万、50万と限度額を増やしてくれる事があり、「今までの取引の実績がありますので枠を増やしましょう」と言われてつい増枠を受け入れてしまったのです。


しかしある時、金銭面を整理した時には、200万程度の借金に膨れていました。利息を考えただけでも返済が大変だったので、信頼ある先輩に相談しました。その結果、先輩に肩代わりしていただき、利息をなくした上で、先輩への返済を進めています。今ではもう先輩に返して、無事、借金から解放されました。

ボーナスを丸々使って一気に完済、解約、カードはハサミを入れて粉々にして処分しました。


しかし、それ以降、信販会社でのチェックで、一度、カードを作るのに拒否されました。不動産等にての信販会社でのチェックでは大丈夫でしたが、分かったことは、借金をしたという事実は数年間は消えず、信頼を失うということです。今後、様々な機会で信頼を問われる場面があるので、二度と借金はしないと決めています。

若き浅はかさからきた厳しく大変な体験でしたが、非常に奥深い良い教訓になったと思っています。