大学入学時に借りていた部屋は少し大学から距離があるものの、広い間取りで満足していたのですが、ファミリーが多く、騒音が気になり引越しをすることにしました。

家族に相談した時は、せっかくいいところを見つけたのにと、引越しに賛同してもらえず、自力で引越し先を探し、契約することになってしまいました。

契約時、保証人については全て自分で出来るのならという条件で父が署名してくれたのですが、残高証明については相談できず、とにかく自分でなんとかしなくてはと思い、お金を借りようと決めました。

私はカナダでワーキングホリデーをしていました。海外で働いた経験もないし、まぁ簡単に仕事くらい見つかるだろうと言う安易な気持ちでした。

最初の一、二か月は仕事を探さず、現地でできた友人と毎晩パーティしたり、買い物に行って気に入ったものがあれば即購入していました。

私は結婚3年目になります。結婚当初から貯金もせずある分を夫婦そろって使っていました。

これから子どもが出来ても産休や育休で無給になるわけではないと思いあまり夫婦そろってのんきに考えていました。

そして予定より早くに妊娠しもちろん産休や育休をとり仕事はずっと続けていくつもりでした。しかし自分では体調は良かったのですが産婦人科の先生よりドクターストップがかかり自宅で安静することになりました。